育てたイモで菓子作り 第一小1年 イタリアンシェフ保護者の谷口さん指導

2016年11月29日(火) 20:00

LINEで送る

ポテト

谷口さん(真ん中)とスイートポテト作りに励む1年生ら=殿町の第一小で

 松阪市殿町の市立第一小学校(松本吉弘校長、187人)で29日午前9時から、1年生27人が自分たちで育てたサツマイモをスイートポテトなどにして味わう「さつまいもパーティー」を開いた。講師に同小児童の保護者で津市なぎさまちでイタリアンレストランを経営するシェフの谷口幸樹さん(47)を招き、本格的なスイーツ作りに挑戦した。
 同小1年生は毎年、5月に校内の約4平方メートルの学級園でサツマイモを育て、収穫後、全員で調理して味わったり、持ち帰ったりしている。昨年までは担任が調理を指導していたが……続きは本紙で