102歳が得意のカラオケ 川端みねさん 徳和公民館で「北国の春」歌う

2016年11月11日(金) 20:00

LINEで送る

102歳のカラオケ

元気な歌声を披露する川端さん=上川町の徳和公民館で

 102歳の川端みねさん=松阪市上川町=が10日、同町の徳和公民館であった徳和地区ひとり暮らし高齢者「ふれあいの集い」(徳和住民協議会主催)で、80人を前にステージに上がってカラオケを披露し、元気な歌声で会場を盛り上げた。
 集いは65歳以上の一人暮らしの高齢者らを対象に、楽しみと交流の場として同協議会が毎年開いている。皆で昼食を食べたり、芸達者の出し物の観覧、参加者によるカラオケ、踊りなどを楽しんでいる。
 川端さんは戦後、夫と共に農業に従事する傍ら、共にカラオケを楽しんできた。夫を亡くしてからも友人などと歌を楽しみ、歌が元気の秘訣(ひけつ)。現在でも通所する高齢者施設で歌うことがあるという。
 集いでは、これまでにも数回舞台に上がった。今回は発表者が少ないことを聞き……続きは本紙で