鹿しぐれやしし飯など試作 地域に広めたいジビエ料理 農業女性らのAgriロマン

2016年11月10日(木) 20:00

LINEで送る

ジビエ料理

完成したジビエ料理と講師の西井さん(右から3人目)と川井さん(右)と役員ら=桂瀬町の多目的研修集会施設で

 松阪地区の農村女性らでつくるAgri(アグリ)ロマン松阪(殿林トシ子会長、約30人)の役員ら6人が、9日午後1時半から松阪市桂瀬町の多目的研修集会施設で、鹿のしぐれ煮やしし飯など、ジビエ料理の試作をした。1月の会員向け研修会で料理法やレシピを伝え、地域に広めてもらおうと考えている。
 Agriロマン松阪は、市内各地域で農作物の加工や直売、地域おこしなどさまざまな活動を行う五つの生活改善グループで構成。グループ同士の交流や、活動に役立てるための研修や視察を行っている。
 近年地域で獣害が問題になるとともにジビエが食材として注目され……続きは本紙で