丹生の水銀も扱った? 斎宮博物館 渡来人・秦氏の歴史講座

2016年11月7日(月) 20:00

LINEで送る

斎宮博物館の歴史講座

渡来系の豪族「秦氏」について話す水谷教授=明和町竹川の斎宮歴史博物館で

 多気郡明和町竹川の斎宮歴史博物館(濱口尚紀館長)は5日午後1時半から同館で、歴史講座「秦(はた)氏と渡来の文化」を開いた。ほぼ定員の約110人が聴講に訪れた。
 同館は毎年テーマを決めて歴史講座を開催。今年は5月の伊勢志摩サミットに合わせ、古代の「国際交流」をテーマに開講。今年は4回開き、今回は3回目。
 この日は、大阪府の堺女子短期大学の水谷千秋教授が講師を務め、日本書紀や聖徳太子伝暦(917年成立)などの文献資料から見る飛鳥時代などに活躍した渡来系の……続きは本紙で