東の横綱は102歳 80歳以上長寿番付表 東黒部地区「集い」の場で配布

2016年10月14日(金) 20:01

LINEで送る

長者番付

長寿番付で「小結」に名を連ね、笑顔の戸川さん=柿木原町のふれあい会館で

 松阪市の東黒部まちづくり協議会(小倉信幸会長)の福祉部会(出口眞朗会長)は毎年秋に開く「長寿をたたえる集い」で、地区内の80歳以上の高齢者を年齢順に並べた「長寿番付表」を配り、地域のお年寄りに喜ばれている。13日午前11時から柿木原町のふれあい会館で開かれた今年の集いでも配られ、番付表を見ながら話題に花を咲かせた。
 集いは、地区内の長寿者への感謝とねぎらいの気持ちを込めて、約30年前から毎年春と秋に開いており、80歳以上の高齢者が、市立東黒部小学校児童の歌や、大人の舞踊、皆で弁当を食べるのを楽しむ。
 番付表は毎回、同協議会が地域住民の理解と協力を得て作成する。高齢者の情報収集に役立ててもらうとともに、長生きを楽しんでもらおうと、集いの初回から配布し続けており……続きは本紙で