8年ぶり屋号看板一新 三雲おのえ 伊勢街道沿い「ぜひ歩いてね!」

2016年10月12日(水) 20:00

LINEで送る

屋号張り替え

一新し、ずらりと並べた看板の出来栄えに満足気な齋藤委員長(右)と飯田さん=小野江町で

 飼っている猿を旅人が見ながら一服したという話から「猿屋」。殿様の玉を磨いていたから「玉屋」ーー。おのえ住民協議会(山中和儀会長)の地域計画実行委員会(齋藤猛夫委員長、12人)は12日午前9時から小野江町で、地域の見どころの一つとなっている伊勢街道沿いの家屋に付けた屋号を記した杉看板を一新し、付け替えた。
 2008(平成20)年に街道沿いの街並みを潤わせ、見応えのあるものにしようと、当時の周辺自治会長らが結束し、屋号を調べ約125枚の看板を付けた。
 今年春ごろ、風雨などで看板の劣化が進んでいることから、住民らから「何とかしてほしい」と声が上がった。そこで、当時の作成に中心メンバーとして……続きは本紙で