氏郷まつり初ののぼり旗 誘客に一役、インター付近など190本

2016年10月11日(火) 20:00

LINEで送る

氏郷のぼりばた

県道沿いに目立つようにのぼり旗を設置するメンバーら=伊勢寺町で

 松阪市観光協会まつり委員会(北端昭彦委員長、18人)と市観光振興課は9日午後1時から、11月3日に開催される「第55回氏郷まつり」への観光客誘致のため、主要道路沿いに、初めてのぼり旗を立てた。190本が用意され、松阪駅周辺や中心市街地のほか、市外からの観光客を取り込もうと岩内町の伊勢自動車道松阪インターから伊勢寺町の松阪農業公園ベルファームまでの県道松阪第二環状線沿いにも取り付けられた。
 三大祭りの「松阪祇園まつり三社みこし」「宣長まつり」を盛り上げるのぼり旗はあるが、「氏郷まつり」ではなかったことから、今年初めて設置することにした。
 この日の作業には13人が参加した。ベルファーム駐車場内で縦1・8メートル、横60センチの旗をポールに通した後、松阪インターからベルファーム方面へ約1キロ、適度な間隔を置いて……続きは本紙で