斎王テーマの紙芝居を寿大学で初披露 明和町のボラ「かわせみ座」

2016年9月16日(金) 20:00

LINEで送る

斎宮で紙芝居

斎王がテーマの紙芝居を上演するかわせみ座=明和町斎宮の西脇殿で

 多気郡明和町斎宮の乾茂子さん(61)ら有志4人でつくる紙芝居ボランティアグループ「斎王かみしばい かわせみ座」が15日午前9時半から斎宮の復元建物西脇殿で開かれた町公民館講座の寿大学で、初めて講師を担当し、紙芝居を披露した。
 同グループは、斎宮歴史博物館主催のまちづくり検討会に参加したメンバーで発足。広い世代に斎宮や斎王の歴史文化を楽しく知ってもらうため、10年前から紙芝居を作って上演している。
 絵などの原案は亀山市の桜井可美さん(62)が担当し、6作を制作。いずれも主人公は……続きは本紙で