地元の人に“生き方”学ぶ 昴学園1年が「聞き書き」 農業などで活躍する8人から

2016年9月15日(木) 20:00

LINEで送る

昴の聞き取り

浦中さん(右から2人目)から話を聞く田中さん(左)ら高校生=大台町茂原の県立昴学園高校で

 多気郡大台町茂原の県立昴学園高校(森山隆弘校長)の1年生79人は14日午前8時50分から同校で、人の話を聞くことの楽しさを知り、地元の人から生き方を学ぶ「聞き書き講座」を体験した。
 同校はこれまでも福祉系列で同講座を開いていたが、今回初めて1年生全員を対象にした。講師は全国の高校で聞き書き講座を開いている「共存の森ネットワーク」(東京都世田谷区)の吉野奈保美事務局長が担当。「語り手」には地域で農業や石材業、ボランティアなどさまざまな分野で活躍している30〜70代の8人が参加した。
 この日は生徒5、6人につき、語り手1人に分かれてグループトークに。語り手に仕事や地域の歴史、文化など……続きは本紙で