最後の神事「お白石洗い」 松阪神社で氏子ら 来月15日に20年に1度の式年遷宮

2016年9月12日(月) 20:00

LINEで送る

松阪神社「お白石洗い」

汚れたお白石を一つ一つ丁寧に洗う氏子ら=殿町の松阪神社内陣で

 20年に一度執り行われる式年遷座を来月15日に控えた松阪市殿町の松阪神社(波多瀬秀之宮司、氏子約1200戸)で11日午前8時半から、最後の神事である「お白石洗い」が行われた。造営委員会(田中保委員長、約25人)が主催した。
 8月から開始した「お白石洗い」行事はこの日が5回目。これまで氏子や松阪祇園祭三社みこし世話人会、婦人会ら延べ約200人が参加してきた。この日は約80人が参加。宮司による祝詞とお木曳(ひき)木やり唄が奉納された後、2時間ほどかけて本殿内陣に敷かれ雨風で汚れた石を一つ一つ水で洗い……続きは本紙で