宣長さんの歌の銘板を移設 「しき嶋のやまとこゝろ・・・」 道路沿いからベルファームへ

2016年9月7日(水) 20:00

LINEで送る

宣長歌碑

出来上がった宣長の歌碑と中村事務局長=駅部田町の石徳で

 4月に松阪市伊勢寺町の松阪インター入り口から松阪農業公園ベルファームに移設された駅鈴のモニュメントの台座部分に埋め込まれていた本居宣長の歌の銘板が、伊勢寺、小阿坂、野村、美濃田のベルファームの地元4町の住民有志でつくるベルファーム地元協議会(田中誠会長)の手で、歌碑になって復活する。同協議会設立15周年記念に駅鈴の隣に設置し、市に寄贈する。11月下旬ごろ設置の予定。
 宣長にちなんだ駅鈴と「しき嶋のやまとこゝろを人とはゞ朝日にゝほふ山さくら花」の歌の銘板は、松阪中央ライオンズクラブが1991(平成3)年2月に結成10周年記念事業で市に寄贈した。銘板はニューインペリアルレッドという……続きは本紙で