〝思い特別〟初戦・三重高戦 横浜高時代に甲子園出場、嬉野中出身の中島さん

2022年8月6日(土) 20:51

LINEで送る

 「互いに力を引き出し合える試合になれば」――。松阪市立嬉野中学校出身の公務員・中島侑紀さん(27)=津市=は、第104回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟など主催)に2年連続14回目の出場を果たした私立三重高校の対戦相手、神奈川県代表の横浜高校の投手として、9年前、甲子園のマウンドに立った。一方、松阪リトルシニアのコーチとして、三重の宇佐美貴也主将(3年)を中学時代に指導した経験もある。9日の両校の対戦を特別な思いで見守る。

 中島さんは、2006(平成18)年に選抜で優勝した横浜高の川角謙投手の姿を見て、「野球をやるなら横浜だ」と憧れた。中学時代に所属していた硬式野球の松阪リトルシニアの当時の井須博己監督の出身校だったつてで横浜へ進学。3年生の2013(平成25)年の第95回選手権では左腕投手とし…………(続きは本紙で

 

横浜時代のユニホーム姿で、三重と横浜の両校の健闘を願う中島さん=津市で

横浜時代のユニホーム姿で、三重と横浜の両校の健闘を願う中島さん=津市で