「時間決めて水分取って」 徳和公民館で熱中症講座 朝も発症リスク高い

2022年7月8日(金) 20:37

LINEで送る

 熱中症について知ってもらおうと、松阪市春日町の市健康センターはるるの保健師と管理栄養士の2人が、7日午前10時から、上川町の徳和公民館で、地元住民9人に予防を呼び掛けた。
 まず保健師の大西郁子さん(51)が、アスファルトの日差しの照り返しが熱中症の原因になりやすいと説明。外出する際は日傘を使ったり、日陰を歩いたりして涼しい場所を選んでほしいとした。また昼間以外でも、熱帯夜の翌朝などは発症の危険性が高まるとした。
 管理栄養士の安保順子さん(43)は、軽い熱中症になると喉の渇きを感じにく…………(
続きは本紙で

 

220708徳和で熱中症対策講座

熱中症対策には「水分・塩分補給を」と説明する安保さん=上川町の徳和公民館で