大勢で楽しめる機会を 公民館、住自協、老人会が主催 中原地区の新たなサロンに110人

2022年6月22日(水) 20:34

LINEで送る

 松阪市嬉野田村町の中原文化センターで21日午前10時から、中原公民館(西尾仁之館長)、中原まちづくり協議会(奥村清司会長)、長寿会(藤田清秀会長)が主催して、「第1回中原サロン和楽話楽(わらわら)」を開催した。同地区から多くの人が集まり、食事をしながら手品や紙芝居、おしゃべりなどを楽しんだ。
 コロナ禍で人が集まる機会が少なくなり、地区住民同士でも交流することが難しくなっている状況を踏まえ、人と人が顔を見て話すことが大切という思いの下、同サロンを初めて企画した。役員や手伝いの人も含めて40~90代の約110人が参加した。
 1回目のこの日は、同サロンの名前の発表から始まった。事前に募集して集まった15案の中から…………(
続きは本紙で

 

220622中原のサロン

ストレッチなどサロンを楽しむ参加者たち=嬉野田村町の中原文化センターで