災害時機能や景観も改善 本町~鎌田町 無電柱化と歩道整備が完了

2022年5月13日(金) 20:18

LINEで送る

 松阪市本町から鎌田町にかけての都市計画道路・松阪公園大口線(県道松阪久居線)の無電柱化と歩道整備がこのほど完了した。電線を地中に埋めることで、地震や台風などで電柱が倒れる懸念がなくなり、災害時の緊急輸送道路として機能するよう県が工事していた。
 県は2002(平成14)年度から本町と鎌田町を結ぶアンダーパスの整備などに着手する中、08(同20)年度からは松阪公園大口線が市のメイン道路であるため、無電柱化と歩道整備を行うこととして工事を進めていた。アンダーパスは…………(
続きは本紙で

 

220513電柱撤去_架空線有り

電線と電柱が撤去される前の本町東交差点付近

220513電柱撤去_架空線無し

撤去されて景観も良くなり、バリアフリー化が進んだ同交差点付近=いずれも本町で