きれいな地域にしたい 佐奈小児童が遠足帰りにごみ拾う 空き缶や吸い殻「多過ぎる」

2022年5月7日(土) 20:52

LINEで送る

 多気郡多気町仁田の町立佐奈小学校(川田佳也校長、70人)は6日午前9時から四疋田ののびのびパーク天啓(天啓公園)で、全校遠足を楽しんだ後、帰り道では地域のごみを拾いながら歩いた。特に道沿いには空き缶やペットボトルなどが多く、マナーの悪さに憤りながら、まちの美化に思いを強くした様子だった。

 自分たちの住んでいる地域をきれいにしようという取り組み。昨年の遠足では目的地に向かう往路で班に分かれて行っていたが、到着時間に差が出たため、今年は帰路で実施した。
 この日の遠足では、同公園では1年生の歓迎会を開き、昼食を食べて自由時間を楽しんだ。帰りは…………(続きは本紙で

 

220507遠足でごみ拾い

遠足で、ごみ拾いをしながら帰宅する佐奈小の児童たち=多気町相可で