コロナの県内感染路は? 松高3年319人がグループ分かれ研究発表

2022年4月28日(木) 20:14

LINEで送る

 松阪市垣鼻町の県立松阪高校(森山隆弘校長、877人)は27日午後1時から、同校体育館などで「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)ポスター発表会」を開き、3年生319人が1年間かけて取り組んできた課題研究の成果を発表した。
 SSHは、文部科学省が将来の国際的な科学技術分野の人材育成を図るため、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う事業として、2002(平成14)年から実施している。指定を受けることで大学や企業などとの取り組みの際にバックアップが受けられる。
 生徒たちは2人から5人ほどのグループで、それぞれテーマを決めて研究。この日は…………(
続きは本紙で

 

220428松高のグループ発表

SSHで取り組んだ三重県における新型コロナウイルス感染者数について発表した(左から)増田さん、前島さん、北出さん、鳥井さん=垣鼻町の松阪高で