県民栄誉賞を土性選手にも 「明るい希望与えてくれた」と県

2016年8月20日(土) 20:00

LINEで送る

土性沙羅選手

土性沙羅選手

 鈴木英敬知事は19日、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子69キロ級で金メダルに輝いた松阪市高町出身の土性沙羅選手(21)=至学館大学4年=に「県民栄誉賞」を授与する意向を明らかにした。
 県によると、県民栄誉賞は、1977(昭和52)年に「国民栄誉賞」ができたことを受けて「広く県民に親しまれ、明るい希望を与えることに顕著な業績があった方」をたたえようと創設された。
 初の受賞者は、04(平成16)年のアテネ五輪で……続きは本紙で