ふるさと納税の半額をグルメポイントに 明和町がお礼

2016年8月9日(火) 20:00

LINEで送る

明和町ふるなび協定

協定を結んだ田中代表取締役(左)と中井町長=明和町役場で

 多気郡明和町は、ふるさと納税者へのお礼の品として、提携レストランで使える「ふるなびグルメポイント」を新たに加えた。8日午後1時半から町役場で、ポイントサービスを運営する東京都の㈱アイモバイル(田中俊彦代表取締役社長)と協定を結んだ。
 同町の松阪牛出荷頭数は2015(平成27)年度で1366頭。松阪市より多く頭数では県内1位。しかし松阪牛といえば「松阪市」とのイメージが先行するため、松阪牛の生産地としての知名度は低い。そのため町はあらためて松阪牛の産地としての側面を全国発信し、「斎王」「斎宮」の歴史や復元建物などに加えて「町の看板」にしようとしている。
 町では、インターネット経由でふるさと納税を決済できる専門サイト3者と契約。同社はこのうちの一つを運営している。
 今回は同サイトを通じて納税した人に、東京都、大阪府、名古屋市の都市圏で、松阪肉を扱う提携高級レストラン、料亭など14店舗で1ポイント1円で利用できる「ふるなびグルメポイント」を……続きは本紙で