相可高卒11人で楽団 元吹奏楽部28〜30歳 油田公園催しでは4曲

2016年8月8日(月) 20:00

LINEで送る

相可卒業生の楽団

演奏する「松阪ブラスノート」の中村さん(左から3人目)、森山さん(同2人目)ら=多気町車川の油田公園で

 多気郡多気町相可の県立相可高校吹奏楽部の卒業生11人が今春、ブラスバンドの社会人グループ「松阪ブラスノート」(中村絵美代表、11人)を発足。現在、月1、2回の練習に励んでいる。7日午前11時からは、車川の油田公園で開かれたイベント「夏だ! おかえり車川」に出演。4曲を演奏し、会場を盛り上げた。
 メンバーは松阪市や多気郡などに在住の28〜30歳の男性2人、女性9人で構成。在校時は吹奏楽の県大会で4位になるなど活躍。卒業後も中村さん(30)=車川、元部長の森山佳子さん(30)=神坂=らが中心になり数年間、集まって演奏していたが、仕事や結婚、出産などでメンバーがだんだん音楽から離れていった。
 ある程度子育てなどが落ち着き、再び音楽ができる環境になってきたことから……続きは本紙で