児童と積み木や塗り絵 相可高ボラ部が児童館などで活動

2016年8月3日(水) 20:00

LINEで送る

相可高生が児童館などで奉仕

ボランティアで訪れ、子供たちと遊ぶ相可高生ら=多気町四疋田のたき児童館で

 多気郡多気町相可の県立相可高校ボランティア部(松崎朱音部長、約25人)の有志が、夏休み期間を生かして四疋田のたき児童館などでボランティア活動に励んでいる。
 同部は普段から地域の高齢者施設やイベントで手伝いなどに取り組んでいる。利用する小学生が増える夏休み中は、学童保育などの児童館での活動が中心になり、不定期に数人ずつが訪れる。
 普通科1年の今田遥さん=紀北町、堀内華那さん=松阪市大口町=は、小学生約25人と積み木や塗り絵、ゲームなどをして一緒に過ごした。児童たちも喜び、描いた絵を見せたりして楽しんだ。
 今田さんは「地元では……続きは本紙で