110歳 明治の人、市内でひとり 1911年9月26日生 井坂とくさん

2021年9月27日(月) 15:00

LINEで送る

 1911(明治44)年生まれの松阪市山添町・井坂とくさんが26日、110歳の誕生日を迎えた。市内唯一の明治生まれで県内でも4番目の長寿者。同日には親族が集まって皇寿祝いの歌を贈った。井坂さんは「長生きの秘訣(ひけつ)はありません。ようこんなに生きとるわ」と笑みを浮かべた。

 井坂さんは昨年冬、洗濯作業中によろめいて転倒し骨折、自宅療養を余儀なくされた。同居する長男・剛さん(85)や隣で暮らす孫嫁・貴子さん(55)たちも心配したが、気候が暖かくなると奇跡的な回復を見せた。庭掃除が日課で落ち葉一枚でも気になる性格だが、骨折からの回復以降は「動き過ぎるのも心配」と家族で相談し、植木の一部を剪定(せんてい)した。午前5時起床、午後9時就寝の規則正しい生活。1日2食でウインナーが大好物だ。
 コロナ禍ということもあり、外出自粛を…………(続きは本紙で

 

210927井坂さん01

ハーモニカで唱歌を吹く井坂さん