〝既定路線過ぎて無風〟来年1月の多気町長選 久保氏2期連続無投票か

2021年9月14日(火) 20:37

LINEで送る

 任期満了に伴う来年1月の多気郡多気町長選に向け、現職・久保行央町長(74)=同町津留=の動向に注目が集まっている。地方首長の再選出馬表明は議会定例会を舞台に開会日冒頭の自主発言や、議員の一般質問に回答する形を取るのが一般的。だが開会中の町議会第3回定例会の一般質問は誰も言及することなく13日に議事を終えた。現在3期目の久保町長は任期中に大型複合リゾート施設VISON(多気町ヴィソン)を開業に導くなど全町的に高い支持を得ており、過去に一般質問で出馬表明を引き出した町議でさえ「続投は既定路線。聞くという雰囲気すら醸成されない」と無風状態を表現する。

 久保町長は2010(平成22)年にあった町長選で新人5人の選挙戦を制し、初当選した。2期目に向けた13(同25)年には「10月に地元自治会、11月に後援会の合意が得られた」として…………(続きは本紙で

 

210914久保町長

一般質問で議員の質問に答える久保町長=多気町議会議場で