カネゴンやビリケンさん 五桂池ふるさと村 空いたおりで代役、話題に

2021年9月11日(土) 20:34

LINEで送る

 多気郡多気町五桂の五桂池ふるさと村動物園「花とふれあい広場」で現在、使っていないおりにアニメキャラクターなどのフィギュア(人形)を展示している。子供から大人まで、訪れた人たちはフィギュアを見つけると驚いたり喜んだりし、話題になっている。

 同動物園では高齢化などで動物が死んだ後、空きになっているおりがいくつかあった。再来年に大規模改修が控える中で新しい動物を入れるのは難しく、上野由紀子園長はどうにかしたいと思案。動物園を含めた五桂池ふるさと村の指定管理をする一般社団法人医食同源みえの松浦信男代表理事が製薬会社『万協製薬』の第三工場内にある「万協フィギュア博物館フィギュア館」館長でもあることから、コラボできないかと提案した。話がまとまり、借りたフィギュアが………(続きは本紙で

 

210911五桂動物園にカネゴン

動物が入っていたおりの中から客を迎える「カネゴン」と「ガチャピン」=多気町五桂の五桂池ふるさと村で