「地元応援でベスト尽くせた」五輪リレーで日本タイ記録 川端選手が市長と対談

2021年8月28日(土) 20:13

LINEで送る

 東京2020オリンピック陸上競技男子4×400㍍リレーに出場した松阪市立嬉野中学校出身の川端魁人選手(23)=鈴鹿市立創徳中学校教員=が27日午後5時20分ごろ、松阪市役所を訪れ、竹上真人市長と対談した。
 川端選手は、東京五輪で陸上男子4×400㍍リレーの予選2組で日本の第2走者として出場。チームは予選10位で決勝進出は逃すも、3分0秒76の日本タイ記録でゴールした。
 この日、市役所を訪れた川端選手は大会について「無観客だったこともあり、走った感じは世界大会と一緒でした。選手村は新鮮でした」などと報告。
 また、今の練習について…………(
続きは本紙で

 

200828川端選手が市長と対談

Tシャツを着た竹上市長(左)に、市に贈ったユニホームを見せる川端選手=松阪市役所で