初代監督の墓前で誓う 三重高サッカー部 德地監督や選手、コーチら 全国高校総体へ意気込み

2021年7月30日(金) 20:47

LINEで送る

 松阪市久保町の私立三重高校サッカー部の德地俊彦監督(33)たちが29日午後2時、松阪市上川町の同部初代監督で、市内で初めてサッカー少年団を立ち上げた故・山田昭さん=享年(54)、湊町=の墓前を訪れ、全国高校総体(8月14~22日・福井県)での健闘を誓った。
 
 山田さんは約50年前の同部監督で、松阪でも少年世代からの育成をしようと小学生が対象の「松阪サッカークラブ」を立ち上げた。1996(平成8)年に亡くなった。市サッカー協会は毎年11月に功績をたたえた「山田杯少年サッカー大会」を開いている。
 同部OBで、少年サッカーにも…………(
続きは本紙で

 

210730サッカー部監督が墓参り

山田初代監督の墓参りをし、全国高校総体での健闘を誓った德地監督(右から2人目)たち=上川町で