モロヘイヤ収穫ピーク 虫の被害無く順調に育つ

2021年7月29日(木) 20:23

LINEで送る

 松阪市特産のモロヘイヤの収穫がピークを迎えている。豊原町のJAみえなか(前田孝幸代表理事組合長)は、生産者が昨年度より34人減って68人となり、作付面積も0・5㌶減の2・5㌶となったが、出荷量は昨年度の約17㌧に近づけたいと、農家と頑張っている。
 モロヘイヤは独特の粘りが特徴で、栄養価が高い。同JAでは、5月10日からハウス栽培物の出荷が始まり、6月中旬から路地栽培物が出荷されている。
 ハウスと路地の両方で栽培している伊勢寺町の農業・佐波米子さん(79)は毎日…………(
続きは本紙で

 

210729佐波さんモロヘイヤ

1日2畝と決めてモロヘイヤの収穫をする栽培歴30年の佐波さん=伊勢寺町で