「地域の人の癒やしに」 松ケ崎まち協 2年ぶり桜まつりで交流

2021年4月5日(月) 20:30

LINEで送る

 松阪市の松ケ崎まちづくり協議会(山本均会長)は3日午前9時から松崎浦町の市立松ケ崎小学校で、地元企業と飯高町宮前の宮前まちづくり協議会協賛で第5回桜まつりを行った。例年「まつがさき桜ロード」で開いていたが、新型コロナ対策のため小学校の校庭と中川堤沿いの桜ロードの2会場に分けた。
 この祭りは、「まつがさき港まつり」と並ぶ二大イベントで、沿道に桜を並べて植えた桜ロードの整備に合わせ、地域の人たちの交流を深めようと2016(平成28)年に始めた。昨年はコロナで中止となった。
 この日、集まってきた人たちは地元企業の練り製品、つくだ煮、のりなどの食品、道の駅・飯高駅で…………(続きは本紙で

 

210405松ヶ崎まち協が桜まつり

2年ぶりに開かれた桜まつりで抽選会を楽しむ集まった人たち=松崎浦町の松ケ崎小で