目標達成の思考力鍛える SDGs有志の会明和町志貴で開く 児童ら15人がボルダリングなど体験

2021年3月31日(水) 20:13

LINEで送る

 市民レベルでSDGs(持続可能な開発目標)を考え、県内で活動する有志の会・ONE Future実行委員会(奥村一仁委員長、4人)はSDGs達成のための考え方に近いスポーツ・ボルダリングを通して「未来をつかむ思考力」を鍛えてもらおうと28日午前10時から、多気郡明和町志貴のボルダリングジム・ハンピ明和店で体験会を開き、松阪市などの小学3年生~中学2年生の15人が参加し、夢を実現するためのセオリーを学んだ。
 ボルダリングは、状況に応じてルートを修正しつつゴールに向かってチャレンジするスポーツ。ゴールを起点に現在地からの到達ルートを探るバックキャスティング思考が重要になる。SDGs達成にもこの思考法が…………(
続きは本紙で

 

210331ボルダリング×SDGS-1

コース戦略がSDGsの考え方に近いとして、ボルダリングを体験する参加者たち=明和町志貴のハンピ明和店で