真っ赤な制帽で団結 金剛ケ丘自治会活動協力隊

2021年3月6日(土) 20:14

LINEで送る

 多気郡明和町金剛坂の金剛ケ丘自治会(奥田富生会長、395世帯)は、自治会の清掃作業やイベントの準備などの際に作業の手助けをする金剛ケ丘自治会活動協力隊(隊長=奥田会長、35人)を昨年発足させたが、このほど同所の中央公園で、隊の制帽の授与式を行った。
 同自治会は、会員での溝の掃除の翌週、泥などを組長たちが町環境センターに運ぶ作業を手伝ってもらったり、老人会の公園掃除なども若い力で手伝ってもらったりするため、2013(平成25)年に有償ボランティア制度を設けた。自治会役員や組長、老人会員の高齢化から、力仕事や危ない場所での作業で助っ人が必要なため。
 この制度を発展させ、若い世代や、役員を引退した人たちにも引き続きまちづくりに…………(
続きは本紙で

 

210306金剛ケ丘で協力隊員に制帽授与

順番に真っ赤な制帽を受け取る金剛ケ丘自治会活動協力隊の隊員たち=明和町金剛坂で