〝瞑想音楽〟のライブ開く 来月7日に中部台で 作曲・演奏家の朝瀬さん

2021年2月19日(金) 21:35

LINEで送る

 主に台湾を舞台に活躍する松阪市嬉野島田町の癒やし瞑想(めいそう)音楽の作曲、演奏家・朝瀬蘭さん(本名、年齢非公表)が、3月7日午前11時半と午後2時の2回、松阪市立野町の中部台運動公園野外ステージで、無料ライブを開く。朝瀬さんの楽曲は、免疫学の世界的権威だった故・安保徹新潟大学大学院名誉教授が、免疫向上効果を確認済み。コロナ禍で渡航できず、活動が限定される中、地元松阪市の人たちに瞑想音楽を紹介し、癒やされてもらおうと緩やかな旋律を奏でる。

 朝瀬さんは兵庫県明石市の出身で、ハードロッカー、俳優、ボイストレーナーを経て、2000(平成12)年から、瞑想音楽の作曲演奏を始めた。作曲や興行のためタイ、東京都、長野県などを転々とし、数年前から、両親が転居した松阪市内に住んでいる。
 楽曲は鬱(うつ)に効果があったと報告があり、新潟大大学院の安保名誉教授が…………(続きは本紙で

 

※下のバーの左の三角を押すと音楽が再生されます。

 

210219瞑想音楽で無料ライブ

3月7日に屋外ライブを開く朝瀬さん=立野町の中部台運動公園で