松阪独自に氏郷法要 426回忌 願證寺で顕彰会

2021年2月12日(金) 20:06

LINEで送る

 蒲生氏郷公顕彰会(高島信彦会長)は11日午前10時から、松阪市日野町の願證寺(鈴木孝章住職)で、426回忌の法要を営んだ。松阪では初めて。
 法要は毎年、氏郷の命日(旧歴2月7日)に、ゆかりの松阪市、滋賀県日野町、福島県会津若松市の蒲生氏郷公顕彰会が菩提寺である京都市北区の大徳寺塔頭・黄梅院で行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止になり、松阪の顕彰会が独自に地元で行うことにした。
 会場となったのは…………(続きは本紙で

 

210212氏郷公426回忌法要

松阪での法要に参列し、氏郷をしのぶ蒲生氏郷公顕彰会の高島会長たち=日野町の願證寺で