まちかど博物館「澪標」開館 昔の生活用品100点以上 明和町斎宮の大場さん夫妻

2021年2月1日(月) 20:04

LINEで送る

 多気郡明和町斎宮の大場正朗さん(61)と浩子さん(58)夫婦は、自宅の一部にレコード盤や蓄音機、昔の生活の品、薬屋の道具などを展示した松阪・紀勢界隈(かいわい)まちかど博物館・いつきのみや音と生活(くらし)の博物館「澪標(みおつくし)」をこのほど開館した。
 100年以上前から建つ大場さん宅には先代が大切に残してきた昔の生活用品が保管されてきた。正朗さんは公益財団法人国史跡斎宮跡保存協会の理事を務め「町を盛り上げる使命がある」と考え、夫婦で何かできないかと…………(続きは本紙で

 

210201斎宮にまちかど博物館

長火鉢やアイロン、レコードなどノスタルジックな雰囲気の「澪標」=明和町斎宮で