境内で柴燈護摩、火渡り 火難などはらう法要 龍泉寺「初愛宕」にぎわう

2021年1月25日(月) 20:45

LINEで送る

 松阪市愛宕町の愛宕山龍泉寺(岡本祐璋住職)で24日午前10時から、火難災難をはらう祭典「初愛宕」が営まれた。
 同寺の本尊は火防の「愛宕大権現」と、良縁・敬愛和合の「愛染明王」であり、初参りは年内の火難を免れ、災いに打ち勝ち、良縁が巡り来るよう祈る縁日とされる。
 この日は、あいにくの雨だったが、境内では三重修験道会(福森實峰会長、24人)の8人によって柴燈護摩(さいとうごま)の法要が行われ、参拝者らが…………(
続きは本紙で

 

210125初愛宕

山伏たちに見守られながら火渡りに臨む参拝者=愛宕町の龍泉寺で