多気町ネーミングライツ初導入 4月1日から愛称採用 町文化会館など3施設

2021年1月23日(土) 20:20

LINEで送る

 多気郡多気町は、いずれも相可の多気スポーツ公園、多気町農業者トレーニングセンター、多気町文化会館の3施設について、4月1日からスポンサー企業の社名やブランド名などを入れた愛称を採用する考え。公共施設の命名権を企業が買うネーミングライツを初めて導入した。
 民間事業者から命名権料をもらい、公共施設に愛称を付ける権利を与えるもの。施設の魅力とサービス向上、町の新たな財源確保が目的。近隣では松阪市や明和町も導入している。
 昨年10月にそれぞれの命名権者を募集し、複数応募も含めて計3事業者が応募。副町長が委員長を務める審査委員会で、町内の事業者かどうかや愛称が…………(
続きは本紙で

 

210123多気町スポーツ公園

ネーミングライツを導入する多気スポーツ公園