飛鳥の正殿に興味津々 斎宮発掘現場 現場公開に考古ファン

2021年1月18日(月) 20:30

LINEで送る

 飛鳥時代の斎宮の正殿と推定される建物の跡が見つかった多気郡明和町竹川の史跡斎宮跡発掘現場が、16日午前10時から一般に公開された。新型コロナ感染防止のため公開はわずか2時間だったが町内外から約150人が訪れ、斎宮歴史博物館の調査担当者らから熱心に話を聞いていた。
 現場は、飛鳥時代終わりごろの斎宮中枢域の区画。今年度の調査で、正殿や西脇殿とみられる建物跡などが見つかったと、同博物館が14日明らかにした。
 公開では、新型コロナ…………(
続きは本紙で

 

210118斎宮発掘現場の公開

正殿と推定される建物の柱穴などを興味深げに見る見学者ら=明和町竹川の発掘現場で