〝第二の校歌〟元気に歌う 宮前小児童、「飯高駅」用に オリジナルの「木のうた」録音

2021年1月9日(土) 20:27

LINEで送る

 松阪市飯高町宮前の市立宮前小学校(中瀬鉄夫校長、82人)は、同町の道の駅「飯高駅」内にある同小の展示コーナーで、同校のオリジナルソング「木のうた」を流すことにし、8日午前9時半から全校児童で歌って録音した。児童たちも大好きな〝第二の校歌〟を寒さを吹き飛ばすように元気よく歌った。
 道の駅には3年前から展示コーナーを設けている。昨年11月、全校児童で、「つながるこころ」で「飯高」の字を表したロゴをデザインした木製の壁面パネルを制作し、校内のホールに設置したことから、これをポスターにして紹介するとともに、卒業生2人が作った「木のうた」も多くの人に知ってもらおうと企画した。同校のホールには…………(
続きは本紙で

 

210109宮前小「木のうた」録音」

「飯高」の壁面パネルが掛かるホールで、「木のうた」を元気に歌う児童たち=飯高町宮前の宮前小で