「すぐ調べられた!」 教科書に無くても 全児童生徒にiPadを貸与

2021年1月8日(金) 20:50

LINEで送る

 松阪市内の全ての小中学校で、きょう8日から全児童生徒と教職員に1人1台のiPadが貸与される。各校で貸与式を行い、児童生徒が正しく安全に使えるよう使用目的やルールを伝える。8日午前9時から立野町の市立中部中学校(藤本伸一校長、590人)で市のキックオフとして行われた貸与式では、竹上真人市長が市長室からオンライン中継し、より良い学習につなげてほしいなどと呼び掛けた。

 高速大容量の無線LANと1人1台タブレットを整備する国のGIGAスクール構想が、新型コロナウイルス感染症流行拡大を受けて前倒しされ、同市でも整備した。約1万3600台を導入し、費用の3分の2は国の補助。用いるのは端末自体に外部通信ができる機能を持つ機種で、ネット環境が整っていない家庭でも経済的負担なしに利用できる。全児童生徒に…………(続きは本紙で

 

210108全小中生にiPad貸与

全員に一台ずつiPadが貸与され、今年チャレンジしたいことを書き込む生徒ら=立野町の中部中で