特選に川村さん(高須町)ら 明和町斎宮の竹茗舎「竹の作品」

2020年12月17日(木) 20:32

LINEで送る

 多気郡明和町斎宮の松阪・紀勢界隈(かいわい)まちかど博物館・竹茗舎(ちくめいしゃ、渡邉幸宏館長)が募集していた「竹の作品展」の入賞者が、このほど決まった。竹茗舎賞の特選は、写真愛好家で松阪市高須町の川村亮平さん(78)の月夜の竹林を撮った「静謐(せいひつ)」。竹画・写真部門の特選は、伊勢型紙歴12年の明和町上村の大矢和子さん(72)の伊勢型紙作品「すずめ大衣」。応募作品は竹茗舎で展示されている。25日まで。
 同館では、毎年秋ごろに竹に関する作品を募集している。町長、牛葉自治会長、渡邉館長(77)=池村=らで審査する竹細工・工芸品、竹画・写真、俳句・川柳の3部門と、渡邉館長が選ぶ竹茗舎賞と中学生以下が…………(
続きは本紙で

 

201217竹めい舎の入選者

(左から)特選の大矢さん、入選の齋藤さん、川村さん=明和町斎宮の竹茗舎で