48年ぶり〝修学旅行〟へ 1972年卒業「松工繊維GG会」(66~67歳) 本紙で名前見つけ再会が実現

2020年11月19日(木) 20:40

LINEで送る

 夕刊三重の紙面で同級生の名前を見つけたのをきっかけに、10月に48年ぶりに同窓会を開いた県立松阪工業高校繊維デザイン科1972(昭和47)年卒業生「松工繊維GG会」が17、18の両日、さらに仲間を増やして、伊勢志摩方面への1泊2日の〝修学旅行〟を実現させた。48年ぶりに仲間たちと枕を並べて一夜を過ごし、心はすっかり青春時代に戻って楽しんだ。

 集まったのは69(同44)年4月に入学、35人1クラスで紡績を学び、72年3月に卒業した六十六、七歳の年代。夕刊三重の紙面に掲載されていた複数の同級生を、猟師町の小濵峯一さんが見つけて連絡をつなぎ、今年10月に京町一区の焼き肉店に7人が集まって初めての同窓会を開いた。
 接近していた台風の影響や、都合が合わず出席できなかった人がいたので、改めて〝修学旅行〟と続きは本紙で

 

201119松工GG会が「修学旅行」

再会を喜び、談笑するメンバーたち=西黒部町で