力合わせて木を運ぶ 勢和小5年48人が間伐体験 社会見学先の変更で

2020年11月4日(水) 20:14

LINEで送る

 新型コロナのため社会見学先を変更した多気郡多気町片野の町立勢和小学校(横打幸也校長、243人)の5年生48人は、このほど大台町薗のフォレストピア近くの山で間伐体験を行った。児童たちは注意を払いながらのこぎりを使って枝を落とし、グループで力を合わせて木を運ぶなどした。
 社会見学は、社会で学習する自動車産業について学ぶため鈴鹿市の本田技研工業㈱へ行くはずだったが、コロナ対策で工場見学ができなくなった。担任たちで変更先を模索する中、林業について学べる久豆の大杉谷自然学校(大西かおり校長)へプログラムを依頼した。
 この日は、伊勢市の㈲森下林業(森下隆生代表)の山で、同社の5人を…続きは本紙で

 

201104勢和小生が間伐

力を合わせて間伐材を運び出す児童ら=大台町薗の山で