コロナ予防策、劇で 松尾公民館のふれあい学級 サンサングループの人形劇も

2020年10月14日(水) 20:12

LINEで送る

 松阪市丹生寺町の松尾公民館(垣本長生館長)で13日午前10時から「ふれあい学級」が開かれた。地域の住民12人が参加し、新型コロナウイルス感染防止対策の劇や人形劇「ねずみの嫁入り」を観賞した。
 ふれあい学級は、豊かな心を持ち、活力に満ちた毎日を送ることを目指して開設した生涯学習会で、社会、健康問題などを取り上げて年間5~7回ほど学ぶ。
 この日は松阪人権擁護委員協議会・サンサングループ(山口綾子代表)を講師に招いた。同グループは人形劇を通して松阪市と多気郡の園児、児童たちに人権の大切さを伝える活動をしている。
 始めにじゃんけんゲームや手遊びで体をほぐしてから、マスクや手洗いなどのコロナ対策の大切さを……続きは本紙で

 

201014松尾で人形劇

人形劇を楽しく観賞する参加者たち=丹生寺町の松尾公民館で