議会報告20分間で〝酸欠〟 マスク着用の徹底、考えもの 山本節氏「こんなことは初めて」

2020年10月9日(金) 20:27

LINEで送る

 マスク着用は時と場合考えて――。7日の松阪市議会9月定例会の本会議場で山本節氏(公明党)が、とても息苦しそうに委員長報告を続け、議場に心配の声が広がる事態となった。マスクを着けたまま休みなく分以上報告したため。感染防止の徹底を掲げマスク着用を貫いていた山本氏だが「懲りた」と述べ、着用は時と場合によると考えを改めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止で松阪市役所本会議場は9月、執行部側にある演壇など3カ所の机の上に、それぞれ三方を囲む透明アクリル板が設置された。この3カ所で発言する場合だけはマスクを外せることとし関係者から「しゃべりやすい」と喜ばれた。しかし山本氏は「二重三重の感染防止が必要」としこの場所で発言する際も……続きは本紙で

 

201009山本氏マスクで酸欠

7日の委員長報告で息苦しくなったため9日の本会議ではマスクを外してスムーズに話す山本氏=市役所で