「歴史、文化発信に努める」 いつきのみや歴史体験館で伝承式 第36代斎王役梅田さん誓う

2020年9月23日(水) 20:09

LINEで送る

 多気郡明和町の最大の祭り、斎王まつり(同実行委員会など主催)は、今年の第38回は新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中で中止となったが、前夜祭で行う「第36代斎王檜扇(ひおうぎ)伝承式」が、20日午前10時半から斎宮のいつきのみや歴史体験館で行われた。35代斎王の名古屋市の会社員・橋本茉奈さん(23)から第36代斎王の岐阜市出身、皇學館大学大学院国史学専攻の梅田優歩さん(26)=伊勢市=に檜扇が渡された。
 檜扇は、古来宮中で用いられた木製の扇で、同まつりの前夜祭で斎王役が……続きは本紙で

 

200923斎王の伝承式

橋本さん(左)から檜扇を受け取った梅田さん=明和町斎宮のいつきのみや歴史体験館で